ビニール袋を生活の基盤とするのは

細かいものを一度に持ち運びたいと思ったら、どうするでしょう。まずは袋に入れることを誰もが考え付きます。暮らしの中で割とどこにでもあるビニール袋はこうした時に使い勝手がいいので、利用頻度が高いのです。特に野菜を買ったり雑貨を買って、すぐに持って帰る際には買い物袋が便利なのは誰もが知っていることでしょう。私たちは買い物をする際にスーパーで袋をもらっていましたが、最近はマイバッグが必要になりました。ビニール袋を生活の基盤とするのは別におかしいことではなく、それを最終的にはゴミ袋にしてエコな生活をエンジョイすることは十分可能です。最近はごみ袋を買わせる自治体も増えていますが、コンビニなどでもらう袋を有効活用するほうがよほどいいでしょう。袋の使い道は人それぞれで、食料品を小分けにしておくことも、これを使えば簡単です。

ビニール袋の収納方法

ビニール袋を上手に収納する方法を探しています。たとえば、ゴミ袋などの大きいものは、たたんでも相当な大きさがあり、場所を塞いでしまいがちです。しかも、ビン用、生ゴミ用、ビニプラ用と、種類もたくさんあるので、分かりやすく収納しなければなりません。買ってきたゴミ袋を引き出しなどにそのまま積んでおくと、目当てのものを探すのにいちいち探さなければなりません。これだとイライラしますし、さっと出せないと掃除もはかどりません。あるサイトで、ゴミ袋を上手に収納しているのを発見していました。立てて収納できるプラスチック製の書類ケースを横に並べ、そこへゴミ袋を立てておくのです。これならどのゴミ袋がなくなりそうかもすぐに分かります。ゴミ袋はそれ自体では自立しないので、書類ケースを利用するのです。立ててしまえるので、場所もとりません。

ビニール袋ではスーパーでもらうもの

スーパーマーケットで買い物をすることがあります。毎日の食事に関するものを購入することが多いです。野菜であれば、水分がついているものがあり、肉や野菜は冷蔵しているものがあります。そういったものの場合、濡れやすくなっています。そのためか、持ち帰るときにはレジ袋をもらえますが、ビニール袋のことが多くなります。濡れていてもビニールですから外に染み出すことはありません。そのために非常に便利でした。ただしこちらについては、環境においてはあまり良くないと言われています。スーパーマーケットにおいては、配布の制限をする動きがあります。全く配布をしないところもあれば、有料での配布にしたりしています。有料にすることによって、リユースをしたりすることがあります。便利なものを再利用すれば、環境に対しては問題はないでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です